当院を初めて受診する方へ

補給廠

当院は目前に米軍相模総合補給廠を望む住宅街にある鍼灸院です。

完全個室で完全予約制ですので、プライベートな空間の中で気兼ねなくしっかり丁寧な施術を受けて頂くことができます。


1077_996687213723298_2935375534772705973_n.jpg

20151218_133125_HDR_2.jpg

20151219_075905_HDR_2.jpg

12240139_1054742877917731_978142898889512492_n.jpg


ご来院前に

  • 施術料とは別に初診料を頂戴しております。(初診1500円・再診1000円)
  • お着替えは当院で用意してありますので、普段通りの格好でお越しください。
  • 予約状況によりご希望のお時間や内容でお取りできない場合がありますので早めのご予約をお勧め致します。
  • 初めての方は問診などの関係で希望コースのお時間+2~30分位掛かりますのでお急ぎの方はお申しつけください。
  • 当院の休診日はホームページ『診療時間・休診・web予約フォーム』にあるカレンダーでご確認ください。
  • お車での来院をご希望の方は必ず当院ホームページのアクセスをご覧ください。(駐車して頂く際の注意事項を記してあります。)


ご予約から来院までの流れ

  • 当院へのご予約はお電話かwebフォームがご利用できます。
  • 送迎ご希望の方はその旨お伝えください。

ご予約の際はご希望の施術コースをお伝えください(web予約の方は各フォームのコースの中からお選びください。ご相談の方はその旨お伝えください。)

来院から施術までの流れ

  • 当院施術確認書を閲覧頂き、ご了承の上署名を記入して頂きます。
  • 問診表に必要事項を記入して頂きます。
  • 問診表に基づいて丁寧にお話を伺います。
  • 施術コース決定(問診の内容によってはご予約コースの変更のご提案をさせて頂く場合があります。)
  • 施術着にお着替えして頂きます。
  • お着替え後姿勢写真を撮影します。(次回来院時姿勢検証)
  • 美容鍼をご希望の方は施術の前後に顔写真を撮影し、施術終了後検証していただきます。
  • 施術後は主訴の原因と考えられる説明をさせて頂き、必要に応じてセルフケアのご指導もさせて頂きます。


当院のこだわり・特徴

問診では症状の原因をより詳しく知るために問診表の内容を細かくしております。

その内容に基づきゆっくり丁寧にお話しを伺うように心掛けております。

お伺いした問診内容に基づき治療方針をたてて施術を行います。

問診表

当院の鍼灸治療は全身治療を基本としております。

東洋医学の基本は『病を診ずに人を診る』と言う考え方です。

よって『木を見て森を見ず』では根本的な症状改善には繋がりにくいと考えております。

どのような症状の場合でも沢田流全身調整穴を中心に鍼灸を施し主訴への施術を行います。

(逆子治療・美容鍼30、50、60を除く)

全身調整 鍼灸

初診時に正面と横向きの姿勢写真を撮影します。

二診目施術終了後、写真を一緒にご覧頂き、普段の姿勢の状態と今後の正しい姿勢作りに向けてのご指導、ご説明させて頂きます。

姿勢写真 ポスチャー

画像の説明

基本的な治療の考え方

当院は東洋医学のツボ経絡と西洋医学の人体構造学を組み合わせ、一人一人の症状や状態に合わせたオーダーメイドの施術を行います。

鍼やお灸の刺激に敏感な方、うつ伏せが苦手な方、特定の部分を集中して施術して欲しい方など、主訴や来院時の状態など個々のご希望や状態の変化に合わせて施術内容を決定します。

必要に応じて骨盤調整、ストレッチを組み込んだり、テーピング処置も行います。

オーダーメイド 鍼灸

東洋医学には四診法<望(見る)・聞(嗅ぐ)・問(問う)・切(触れる)>という診断法があります。

この四診法の中の切診(脈診・腹診)に基づいて十二臓腑の失調を見極めて証(西洋医学で言う診断のようなもの)を立てて治療を行います。

主に不妊治療、二回目以降の逆子治療、自律神経失調症状など必要に応じて脈診、腹診を行い証決定に基づいて本治法を行い全身を整えて、主訴の治療を行います。

脈診 経絡治療 鍼灸

オーダーメイド施術 針灸

痛みに対する治療の考え方

トリガーポイントとは、疼痛過敏部位と言われ、痛みやシビレの症状を引き起こす点という意味で使われます。

トリガーポイントは東洋医学的な考え方ではなく、解剖学、運動学を基本にした西洋医学的鍼療法です。

痛みやシビレが治療対象ですが、耳鳴りや自律神経症状にも効果があります。

トリガーポイント

不良姿勢は筋肉や筋膜のインバランス(不均衡)や関節のアライメント変位によって起こります。

不良姿勢が原因で頭痛など疼痛や筋パフォーマンス低下による運動障害など様々な障害が起こります。

筋・筋膜のインバランスを改善し、理想的な姿勢と運動パターンを獲得するためには、硬くなったり短くなった筋・筋膜をストレッチングすること、その拮抗する筋・筋膜、周りの筋・筋膜の安定化を図ることがが大事になります。

不良姿勢 インバランス

関節の運動学に基づき、関節の遊び、関節面のすべり、回転、回旋などの関節包内の運動異常を治療する方法。

関節機能の異常による、痛み、運動制限、感覚障害、筋スパズム、筋力低下、筋萎縮、腫れ、発赤、皮膚の硬化などの症状を改善する目的で行います。

AKA 関節運動学的アプローチ

トリガーポイント AKA


a:41 t:1 y:0