新陳代謝

来院される患者さんに 『どのくらいの期間通えば良くなりますか?』という質問をよくされます。

それぞれの治療院の考え方がありますし、重症度や回復度により違いがありますが、当院で一つ目安として説明してるのは血液(赤血球)の新陳代謝周期です。

一般的に血液(赤血球)は生成された後120日後脾臓によって処理されます。

よって今日作られた血液(赤血球)は120日後に処理されるので、120日後には今日の血液は全て入れ替わるということになります。

成人の細胞のおよそ3分の2以上が赤血球と言われています。

これらを例にあげて定期的なメンテナンスの必要性を説明したうえで概ね3~4ヶ月を一つの目安として伝えます。

身体の新陳代謝は部位によって異なりますので、全てが一変することはありませんが患者さんを安心、納得していただくのに大切な説明であると考えています。

例えば筋肉の新陳代謝は約2か月と言われています。

結果にコミットするという某有名ジムのうたい文句の 『2か月で結果をだす』 というのも新陳代謝の周期からみると間違いではなさそうです。

もちろんそれ相当のトレーニングが必要なのは言うまでもありませんが、理屈からみると変化できる可能性はあるということが言えそうです。

ですので筋膜性腰痛や急性腰痛などは痛みが減少しても最低2ヶ月は慎重に行動してくださいという説明ができると思います。

少々ざっくりとした説明になりましたが、人間の身体は基本的に急激な変化はしません。

身体を治すにはそれなりの期間を要することをご理解いただければ幸いです。

ダウンロード (1)赤血球

    コメント


    認証コード6782

    コメントは管理者の承認後に表示されます。