養生のお話し ①

以前某薬用酒のCMで 『女性は7の倍数、男性は8の倍数』 ということを言っていました。

これは黄帝内経、素問の上古天真論の中に記されてる養生の話の一部です。

現代での養生とは、衛生を守り健康の増進に心掛けること。健康を保つこと。または病気を治すことをいいます。

古代は養生の通りに則っていれば長らく生きられると考えられていました。

この上古天真論では、昔は百歳を超えても衰えはしないと聞いたが今は五十歳で皆衰えてしまうのはなぜだろうと問いています。

その時の人は養生のことを良く心得、四時陰陽に応じて暮らしていたため心身ともに健やかで百年の寿命を全うすることができたそうです。

(当時の)今時の人は酒を果汁のようにのみ、体に過労を重ね、情欲のままにその精力を尽くす。

一時の快楽のために生きることの真の楽しみをすり減らすのだから五十歳になるとすでに衰えると記されています。

古代には四種類の仙人がよく養生法を則ったと伝えられたいるそうです。

【真人】
心身ともに天地の運行に溶け込んだ状態となり、その寿命は天地と同じく無限である。

【至人】
天地の大道にかない、その寿命を可能な限り延ばすことができる。

【聖人】
心身ともに過労せず、百歳以上の寿命が享受できる。

【賢人】
自然の正邪をわきまえ、悪い気に当たらないように気を付け長生きできる。

真人、至人になるのは不可能ですが、聖人や賢人は努力すれば近づける可能性は大いにありますね。

次回は『女性は7の倍数と男性は8の倍数』のことを詳しくお話ししたいと思います。

黄帝内経 養生

コメント


認証コード6471

コメントは管理者の承認後に表示されます。