養生のお話し ②

今回は 素問 上古天真論の『女は7の倍数、男は8の倍数』についてお話ししたいと思います。

これは、年をとると子供ができなくなるのは子種がつきたからか、それとも自然の決まりなのかと言う問いに対して、男女の成長の過程をみればわかるという内容で記されています。

【女性】

女子は7歳を一紀とする

 7歳  腎気が活発になり永久歯がはえ、髪が伸びる。
14歳  腎気が成熟したため、月経が始まり、子供を孕(はら)む能力が備わる
21歳  腎気が身体の隅々まで行きわたる。
28歳  髪の毛が豊かで、最も強壮な時期である。
35歳  顔がやつれ始める。
42歳  顔にしわがより、白髪は目立ち始める。
49歳  血脉に血が少なくなり、月経が止まり、子供を産むことが出来なくなる。

【男性】

男性は8歳を一紀とする

 8歳  腎気が活発になり、髪がふさふさと伸び、永久歯が生える。
16歳  腎気が成熟し、生殖能力が備わる。
24歳  腎気が体の隅々なで巡る。
32歳  筋骨が逞(たくま)しく肌肉が豊かになる。
40歳  腎気が衰え始め、髪の毛が抜け、歯が揺れる。
48歳  陽気が衰え、顔面にしわが寄り、髪の毛が白くなる。
56歳  肝気が減り、筋肉が衰え、生殖能力が弱まり、体が老化してしまう。
64歳  歯も髪の毛も抜け去る。

老いても子供が作れる人がいるがこれはなぜだろうと問う。

「その人達は生まれつき腎気が他の人より多かったし、老いても経脉が充実してるからである。

それにしても男性では64歳、女性では49歳が限度である。

ただし、養生に精通した人は、高齢でも子供をなすことができる。」

と記されています。

ここで出てくる腎気とは、生まれながらに持っている生命力で 東洋医学では 『先天の精』 ともいいます。

肝気とは、主に自律神経をさす『肝』の気のことで、肝気が減ると自律神経が影響を受け、体調を崩すと考えられています。

「自然界からの邪来は病気の元であるが、季節の変化に応じて生活をすればこれらを避けられる。

それと同時に無力恬淡(てんたん)であれば精神的な刺激が避けられる。

昔の人々は無理な欲望を持たず、肉体をほどよく労働させいた。

食べ物は美味しく感じ、着物は素朴そのものであった。

悪い道楽には溺れず、不良な誘惑には心を迷わせなかった。

頭の賢い人も愚かな人も、自然のままの生活を楽しんでいた。

彼らは養生の道理に則って長らく生きられたのである。」

と記されています。

いつの時代も質素堅実が健康維持増進に必要であると改めて感じさせられますね。

参考【医道の日本社 まんが黄帝内経】

images (1)koutei

コメント


認証コード2698

コメントは管理者の承認後に表示されます。