腰痛予防は足下から

皆さんが思い描く腰痛予防はどのようなものがあるでしょうか?

◎重い物をなるべく持たない
◎ウォーキングやストレッチなどの運動
◎腰を冷やさない
◎減量する
◎動く時コルセットなどを着ける

などいくつか浮かんでくると思います。

もちろんそれらは間違いではなく正しい予防法だと思います。

しかし、実は肝心なところに目が向けられていないのです。

それは 『足首』です。

もっと詳しくいうと 『足関節』です。

「腰痛予防で足首?」と思われる方も多いと思います。

そもそもなぜ腰は痛くなるのでしょう?

簡単に言うと前傾姿勢など重心がずれる姿勢を続けると、背骨のカーブを失うため姿勢を維持するしようと筋肉に余計な負担が掛かるからです。

前傾姿勢とはつま先よりに重心を掛かけて立つことです。

前傾姿勢になると膝が前に出て、骨盤が後ろに傾き、背骨のカーブがまっすぐもしくは猫背気味になり、頭が前にのめり込むような姿勢になります。

この背骨のカーブを維持するには足首の動きと重心のかけ方が重要になります。

正しい重心は足のそとくるぶしと膝、股、肩の関節、耳穴が一直線になる状態です。

壁に背面を付けたままかかとを手指2~3本前にずらし壁にもたれかかるような姿勢を作ります。

これで正しい重心が確認できます。

かかとを付けた状態と前へずらした状態で深呼吸をすると空気の入り方の違いがわかると思います。

もうひとつ大事なのは歩き方です。

ほとんどの方は無意識に前のめりで歩行しています。

歩行の際、かかとから着地するように意識してください。(かかと歩きではありません)

かかとから着地して歩行すると背筋が真っ直ぐになるのが実感できます。

この時に足首の柔軟性が重要になってきます。

これらを普段されている腰痛予防に是非加えてみてください。

ウォーキング

コメント


認証コード6414

コメントは管理者の承認後に表示されます。