風邪とお灸

最近私の周りでは風邪(かぜ)をひく方が増えております。

夏から秋に向かう季節の変わり目は一日の寒暖差が激しいため身体の調子を崩しやすい時期です。

また、台風や秋雨前線の影響で雨の日が多く、湿気により身体が冷えやすくなります。

通常風邪をひくと病院へ行かれると思います。

それは決して間違いではありません。

しかし、鍼灸で風邪(かぜ)の予防や治癒を早めることはあまり知られていません。

東洋医学で病気になる原因(病因)とは】

外因 : 自然界の気候変化により、人体を外部から発病させる原因となるもの(六淫)

内因 : 内から生じる病因をいい、過度の感情をさす。(七情)

不内外因 : 内因でも外因でもない。社会生活を営む中での病因(飲食の質量不適、労働・休養の過不足等)

その中で風邪(かぜ)は東洋医学の分類では外因に該当すると思います。

六つの邪とは(風邪、暑邪、湿邪、燥邪、寒邪、熱邪)として五行色体表では『五悪』とされ、五臓(肝、心、脾、肺、腎)が嫌う外気とされています。

ちなみに七情とは(怒、喜、思、優、悲、恐、驚)として五行色体表では『五志』とされ、変調をもたらす感情とされています。

この東洋医学の風邪(ふうじゃ)は単独で問題になることはあまり無く、風寒や風熱など他の邪気と一緒になって体に侵入しようとします。

この風邪(ふうじゃ)が体内に入ると咳嗽(せき)や悪寒、発熱などの諸症状が発症すると言われています。

これが現代の風邪(かぜ)に該当すると思われます。

この風邪(かぜ)にはお灸が有効だということは鍼灸師の中では割と常識になっています。

お灸には増血作用があり、白血球を増やし免疫力を高めると言われています。

風邪かなと思ったときはセルフ灸またはお近くの鍼灸院でお灸をされると予防または早期治癒になると思いますので是非お試しください。

下記のツボは一例です。

大椎

大椎(頭を下げて浮き出る骨(第七頸椎)のとがったところの直下)を中心に行ってください。

    コメント


    認証コード4171

    コメントは管理者の承認後に表示されます。