Top / 立体造顔美容鍼とは



立体造顔美容鍼について



立体造顔美容鍼®とは、日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)が推奨する、麻布ハリークの美容鍼技術『ハリークメソッド』をベースに、美容皮膚科医の医学的基礎知識を加えて構築された美容鍼技術です。

画像の説明



1.皮膚科学に基づく技術


美容皮膚科ではレーザー治療、ボトックス、ヒアルロン酸注入など皮膚や皮下組織に治療を行います。

立体造顔美容鍼®も、鍼が皮膚や皮下組織へどのような効果や影響を与えるか正しく理解したうえで、安全かつ有効的に行う技術です。

2f5d49331ccbd86cd835290bcc2b4685_s_1.jpg



2.解剖学に基づく技術


各美容法の中で筋肉にまで到達するのは美容外科と鍼のみで、その作用が美容鍼が有効である重要なポイントです。

立体造顔美容鍼®は、顔面部の筋肉、骨格を正しく理解し、安全かつ効果的に行う技術です。

ganmenkin-640_2.jpg



3.生理学に基づく技術


立体造顔美容鍼®では、より高い効果を求めるために低周波治療器による通電刺激も行います。

通電刺激を行うことで皮下組織や筋肉組織にどのような影響や効果があるのか、生理学的に正しい知識をベースにすることで、安全かつ有効性の高い技術となっています。
立体造顔美容鍼®では、より高い施術効果を出すために低周波治療器による通電刺激も行います。

鍼通電を行うことで起こる皮下組織や筋肉へどのような影響や効果があるのかを生理学的に正しい知識をベースに行う、安全かつ効果的な技術です。

e48c78d251264a56dca450548cfd3e6b_s.jpg






立体造顔美容鍼の主な施術部位



西洋医学的施術部位

顔面の構造

顔面の構造

顔面の構造は表面から6層に分類されます。

  • 第1層 皮膚 
  • 第2層 皮下脂肪 
  • 第3層 SMAS 
  • 第4層 深層筋 
  • 第5層 耳下腺・顔面神経 
  • 第6層 顔面骨





顔面の構造

顔面・頭部・頚部の筋肉

顔面・頭部には表情を作る表情筋と、顎を動かす咀嚼筋があります。

咀嚼筋とは

咀嚼筋は下顎骨の運動(主に咀嚼運動)に関わる筋肉の総称で、深層筋とも呼ばれる。

  • 側頭筋
  • 咬筋
  • 外側翼突筋
  • 内側翼突筋

その他

  • 前頭筋
  • 広頚筋





顔面の構造

表情筋とは

表情筋とは目、鼻、口、を動かす筋肉群で、30種類以上存在します。

通常筋肉は骨に起こり関節をまたいで骨に付着するのですが、表情筋のほとんどは皮膚に起こり皮膚に付着するため皮筋とも言われます。

主な表情筋

  • 眼輪筋
  • 前頭筋
  • 頬筋
  • 小頬筋
  • 大頬筋
  • 鼻筋
  • 笑筋
  • 口輪筋
  • オトガイ筋




東洋医学的施術部位

顔のツボ

顔面および頭部には8つの経絡が走行し、多数の経穴(ツボ)が存在します。

顔面・頭部を通る経絡

  • 督脈
  • 任脈(廉泉、承漿)
  • 手の陽明大腸経
  • 足の陽明胃経
  • 手の太陽小腸経
  • 足の太陽膀胱経
  • 手の少陽三焦経
  • 足の少陽胆経





耳のツボ

耳ツボ

当院の美容鍼灸は耳ツボへの施術も行います。(コースやご希望によって他部位への円皮鍼貼付に変更できます。)

施術部位

  • 神門(鍼)
  • 飢点
  • 上肺
  • 内分泌


営業・受付時間

auto-MM8lhS.jpg

平日(祝祭日を除く)

営業時間10:00~21:00
受付時間 9:30~19:30

土曜日日曜日祝祭日

営業時間9:00~19:00
受付時間8:30~18:00


予約が無い場合各日最終受付時間にて終了致しますのでご了承ください。

a:150 t:1 y:2