片側の腰・お尻の痛みの原因とは

腰や臀部(お尻)の痛みをお持ちの方で『いつも片側(右・左)が痛くなる』と訴える方が多くいらっしゃいます。

その中には画像所見(レントゲン・CT・MRI)診断を受けられている方、全く受けられていない方と様々です。

画像診断を受けられた方でヘルニアがある、椎間板が狭い、脊柱管が狭窄していると言われると、それが痛みの原因だと考えられることがほとんどです。

しかし、腰痛の80%近くが原因不明と言われており、そのうちの多くは筋膜性疼痛が原因だと言われています。

筋肉の膜などが癒着などを起こし、それが発痛源となり様々な痛みを起こすことがわっかています。

今回の症例はこの筋膜性疼痛だと思われる患者さんに適応する方法です。

このような症状を訴える患者さんの状態をみるとあるパターンに気が付きました。

それは、左右の足の長さが大きく違うのです。

ここまでだと『骨盤のズレ』を想像されると思います。

それも決して間違いではないとは思います。

でももうひとつある原因があるのです。

それは、内転筋(内側のももの筋肉)の短縮です。

おおよそ片側の腰臀部の痛みを訴えてる側の脚が長いことが多く、

痛い側の内転筋(内膝のやや上方)を手掌や指で刺激を入れると、脚の長さがほぼ揃います。

なぜ内転筋が短縮すると腰臀部に痛みが発生するかというと、

内転筋と中殿筋(お尻の筋肉のひとつ)が動筋と拮抗筋の関係にあるからなのです。

したがって、内転筋が短縮すると中殿筋が延長され筋力低下が起こり、痛みにつながると考えられます。

ですので、ヘルニアや狭窄症などがあるとそこにフォーカスされ本来の原因がぼやけていき、何度施術をうけてもあまり改善されないということに繋がりかねないと考えております。

痛みのその部分だけではなく、痛みの原因を考えるということが重要であり、全体のバランスを改善することが重要と考えております。

片側の腰やお尻の痛みがある方は一度ご自身でお試しください。

筋膜リリース 拮抗筋 動筋

コメント


認証コード5362

コメントは管理者の承認後に表示されます。