ツボのお話し 足三里

全国各地で猛暑日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

気温が高いと体温が上がり過ぎないように発汗して水分が失われ、基礎代謝が平常時よりも活発になるため通常気温の時に比べて疲労感が増幅します。

そういった中食欲も出ないという方も多いと思います。

今回はそんな時期に是非刺激を入れて頂きたいツボをご紹介します。

【足の陽明胃経 足三里】

《位置》

 膝小僧の下から指四本分下、すねの骨の外側際

 すねの骨の前を下の方から指で撫でると(左足の場合は右手で)骨の突起に当たります。

 そのまま指の腹で外側に倒した辺りが足三里の位置です。

《主な役割・効果》

・胃経の合土穴

 合穴とは脈気が入るところで、のぼせ(逆気)、もらす(泄)をつかさどると言われています。

・四総穴

 全身を四部分に分けて各主治するツボで、足三里は吐腹(腹部)を治療すると言われています。

・胃の下合穴

 六腑(東洋医学では胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦を指す)の病の際に反応が現れやすく治療に応用されるツボで、すべて下肢(脚)にあります。

・足の疲れを軽減

 松尾芭蕉の奥の細道の中で、「三里に灸するゆより~」と詠まれているそうです。

胃腸を整え、足の疲れを軽減する他に、ツボの組み合わせで治療する、中風(脳梗塞の後遺症)七穴や脚気八処の穴を主治するツボの一つでもあります。

また、蓄膿症にも効果があると言われ、当院でも鼻炎や花粉症の患者さんへ鍼灸施術を行います。

鍼灸師の間でも万能のツボとして臨床でも頻繁に使うツボですので、是非ご自身で軽い押圧、セルフ灸をしてみてはいかがでしょうか?

足三里セルフケアで胃腸を整えて暑い夏を乗り切りましょう^^

足三里807136

コメント


認証コード4622

コメントは管理者の承認後に表示されます。