第44回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座

6月8日(土)9日(日)の2日間に渡り行われた『不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座』に出席致しました。

自身の忘備録を兼ねて掲載致します。

6月8日(土)

生殖医療の基礎知識

「不妊カップルの支援に必要な知識Ⅲ:生殖医療関連基本情報を学ぶ」

座長:大橋 一友
演者 国際医療技術研究所 IMT College :荒木 重雄

不妊カウンセラー・体外受精コーディネーターにおいて、不妊カップルからの質問全123の問いから重要なポイントを抜粋し、それに対する回答例の解説。


カウンセリングとケアの基礎

「生殖医療に関わって来た一医師の思い」

座長:佐藤 孝道
演者:諏訪マタニティクリニック 根津 八紘先生

国内で初めて『減胎手術』、『非配偶者間体外受精』、『代理出産』などを実施された経歴をお持ちの先生です。

  • 私の歩み
  • 医師の義務と権利
  • 私の考える『倫理』
  • 特殊生殖医療
  • 自分が患者さんであったら
  • カウンセリングは『傾聴』に終始する
  • 不二身の塔

医師の裁量とは、『医師が最善の技量の下に、目の前の患者のためにより良い医療を、責任を持って全うする義務と権利である』と悟り、その後の産婦人科学会との紛争に立ち向かいながら、当事者の為の生殖医療のあり方を問題定義し続けている長年の活動のお話しをいていただき、大変感銘を受けました。



「活動報告:不妊治療中の夫婦のコミュニケーション支援を通して」

座長:浜崎 京子
演者:NPO法人 アサーティブジャパン 鈴木 早苗

  • 不妊治療中の夫婦間コミュニケーションの重要性
  • 自身も不妊治療の経験があり、コミュニケーション講師でありながら不妊治療の話題になると途端にコミュニケーションが下手になることに気づく。
  • 不妊治療に特化した情報発信『心が軽くなる不妊治療中のコミュニケーション』というサイトを立ち上げる
  • 夫婦の妊コミbook 無料ダウンロード開始
  • 結果はどうであれ、お互いを敬い、助け合う夫婦を増やしたい
  • 医療現場と連携して『妊活コミュニケーション』を広めて行きたい

TwitterやFacebookを上手に活用された活動が上手機能していると感じました。


明日の生殖医療

「酸化ストレスと生殖現象」

座長:藤原 敏博
演者: 順天堂大学医学部付属浦安病院泌尿器科 辻村 晃

男性不妊治療の実際を解説

  • 日本生殖医学会生殖医療専門医は90%産婦人科
  • 男性側を対応する泌尿器科医は50名程度
  • マスメディアを通じ不妊症に悩むカップルの約半数に男性因子が起因
  • 1997年、2015年二回男性不妊症に関する調査 最も多い原因 造精機能障害 精子形成障害 80%
  • 世界的な調査で現代男性の精液所見が悪化
  • 原因 メタボリック因子を含めた生活習慣の悪化 肥満により精巣温度の上昇 精巣圧迫(下着)
  • 喫煙で精子濃度、運動率の低下、ノートパソコンを膝の上に置いて1時間で精巣温度上昇
  • Wi-Fi近くで精子運動率低下、精子DNA断片化が上昇
  • 加齢で量、運動性、DNA断片化の悪化が明確
  • ブライダルチェックで、WHO精液量1.5ml未満が11.0% 精子濃度1500万/ml未満が9.2% 運動率40%未満10.6% 3つの項目のいずれかが達していない者 25.5%
  • 精液所見の悪化が認められたが、薬物治療について多数症例を対象にした比較試験が行われておらず、有用性に関するエビデンスは明確ではない。
  • 日本においても医療者が経験的に治療を行っているのが現状
  • 精液の酸化ストレスを防ぐ抗酸化剤が精液所見の改善に繋がる可能性が指摘されている。
  • 日本でも造精機能障害に対して公算か作用を有するビタミン剤やサプリメントを用いた治療が中心
  • ビタミン12、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、Lカルニチン、アスタキサンチン、亜鉛などを含んだ妊活専用サプリメント合剤を考案し、精液所見不良者に3ヶ月投与し、総運動精子数の有意な改善を確認中

6月9日(日)

生殖医療の基礎知識

「不妊カウンセリングの基礎Ⅲ」

座長:村上 貴美子
演者:九州大学大学院 増田 健太郎

グループディスカッション

あなたは何のために不妊カウンセラーになるのですか? 隣席者とお互いに問う (本質的問い)

生物・心理・社会モデルの一つとしてアセスメント(心理士の技術) クライアントを理解するためには家族歴を理解しておく必要がある。ジェノグラム(家系図)

言葉の問題 カウンセラーは自分の身体と心の問題は整理しておくことが求められる。

「ARTと鍼灸」

座長:上野 恭子
演者:アキュラ鍼灸院 徐 大兼

昨日に続き、鍼灸の歴史、基礎、不妊治療における鍼灸の可能性を解説。

  • 鍼灸按摩は大宝律令の時代から国の医療
  • 世界に広まる鍼管刺鍼法
  • 医師薬剤師との比較 鍼灸師110千 医師300千 歯科医師104千 薬剤師288千 H27年度
  • 一般的な鍼灸の効果
  • 欧米での生殖医療と鍼灸の関わり
  • 移植前後の鍼灸治療の効果
  • 京野アートクリニック高輪での取り組み
  • 海外クリニックの統合医療の取り組み ハーバード大学医学部 指定教育機関ボストンIVF
  • 2009年ドクター ドマーの研究報告 
  • 鍼灸の特徴 私達が得意とするところ
  • 私の考える鍼灸ケアとは
  • どんな人が鍼灸へ訪れるのか
  • 当院で考える不妊症の原因 気血水
  • 腎年齢という考え方と年齢に対する不安
  • 腎年齢の高い女性の傾向 男性の傾向
  • 不妊治療の現場ではあまり注目されていないこと クリニックでは体調管理までなかなかフォローしきれない
  • プレコンセプションケア 将来の妊娠を考えながら、自分のカラダやココロの状態を知り、毎日の生活や健康と向き合うこと。妊娠する前から妊娠・出産・育児に向けたカラダの総合的なケアを行うこと。
  • 不妊鍼灸とプレコンセプションケア 私の考える不妊鍼灸治療理念
  • 当院の不妊鍼灸治療の概要

明日の生殖医療

「原因不明不妊」

座長:陳 志清
演者:杉山産婦人科 難治性不妊症診療部長 黒田 恵司

妊孕能(にんようのう)の評価法 人間20%
正常妊孕能女性の月経周期毎の妊娠率 20%
原因不明不妊症 原因検索不可能な部位に不妊原因がある

  • 着床障害
  • 卵管通過障害 子宮卵管造影検査
  • 受精障害
  • 卵巣機能障害 AMH
  • 子宮頸管因子 ヒューナーテスト
  • 男性因子 精子検査
  • 排卵障害 基礎体温表
  • 卵管機能障害

1.精子侵入障害
2.配偶子・胚運搬障害
3.卵管ピックアップ障害
4.受精障害
5.胚発育障害
6.着床障害

原因不明不妊症の妊娠率 過排卵誘発+AIH 58% AIH 18%

原因不明不妊症の治療方針 

  • 若年女性で避妊せず不妊期間が2年未満 一般不妊治療
  • 不妊期間2年以上(年齢関係なし) 生殖補助医療

□器質的疾患のない着床障害

受精障害 卵管疎通性のある卵管機能障害⇒子宮内膜症・卵管機能障害など

子宮内膜症 深部子宮内膜症 腹膜病変 子宮内膜症卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)

子宮内膜症の術後累積妊娠率 子宮内膜除去術 30%
診断的腹腔検査 18%

卵管疎通性のある卵管機能障害 卵管内腔内の異常 卵管鏡手術

原因不明不妊症に対する腹腔鏡手術後の妊娠率 施行群30% 非施行群3%

原因不明不妊症に対する腹腔鏡および卵管鏡手術後の妊娠率 50%

□受精障害

受精と卵活性化

受精障害 ICSI後の受精率は70~90% 1~5%に受精を認めない

ICSI後の受精障害 殆どが卵活性化障害

卵活性化障害の治療 
電気的刺激 卵子の細胞表面に小孔ができて、Caイオンが流入し卵子が活性化される
化学的刺激

◇子宮因子

慢性子宮内膜症 子宮内局所の形質細胞を伴う持続的な炎症疾患

◇免疫因子

妊娠と関与する免疫担当細胞

  • 免疫寛容(妊娠しやすくなる)Th2細胞 液性免液 制御性T細胞
  • 免疫拒絶(妊娠しずらくなる)Th1細胞 細胞性免疫 Th17細胞

◇ビタミンDと妊娠

  • 骨形成と関わることで知られるビタミンDは免疫寛容と関与し、着床、卵巣機能や妊娠後の流産とも関与していることがわかりつつある。
  • ビタミンDの欠乏は妊娠中の習慣流産、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの妊娠中合併症の発症リスクを上げる。
  • ビタミンDサプリメントがこれらのリスクを低下する可能性がある。

まとめ

  • 原因不明不妊症は検索不可能な部位に不妊原因がある可能生がある。
  • 考えられる不妊原因は、卵管機能障害、受精障害、着床不全がある。
  • 年齢、赴任期間や治療回数で治療方針を検討する。


総括

今回の学術集会、養成講座ともに『鍼灸』が大きく取り上げられ、鍼灸師以外の職種の皆さんにも理解を深めていただけるよう解りやすく丁寧な講義内容になっていたと感じました。

鍼灸師の我々でも滅多に聞けないアキュラ鍼灸院の徐先生、JISRAMの中村先生のお話を聞けて、とても得るものが多かった2日間でした。

今回学んだことをしっかりと患者さんに反映できるよう日々精進したいと思います。

敬称略

不妊カウンセラー学会

コメント


認証コード8298

コメントは管理者の承認後に表示されます。