第二回 日本整形内科学研究会(JNOS)学術集会

日本整形内科学研究会 JNOS ファシア

11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、所属する日本整形内科学研究会(以下JNOS)の学術集会に参加しました。

今回のテーマは『整形内科学が展望する多職種連携』です。

JONOSの会員は医師、歯科医師、理学療法士、鍼灸師、柔整師など様々な職種の方が在籍しております。

実際の臨床の中での多職種連携が行われたことで上手くいった成功例や今後の展望を各々発表されました。

11月30日(土)

大会会長講演

整形内科学が展望する多職種連携の姿~局所治療とサポートの融合を目指して

演者:並木 宏文(一般社団法人日本整形内科学研究会理事・北海道東北ブロック長 総合診療医)

会長講演

最近のトピックスとアンギオソームを利用した発痛源評価とその治療

演者:木村裕明(一般社団法人日本整形内科学研究会会長・木村ペインクリニック院長)

教育講演

テーマ「Fascial pain syndrome(FPS)分類基準の提唱~Fasciaの解剖学的概念から治療(Hydroreleaseとhydrodissectionの差異)まで」

小林只(一般社団法人日本整形内科学研究会 学術局長・会員管理局長・弘前大学医学部総合診療部)

特別講演

テーマ「外外科医にとっての新しいFascia像~高精細内視鏡による近接拡大視から見えてきた生体組織~」

栃木県立がんセンター 泌尿器科科長 川島 清隆 先生


【一日目総括】

一日目特に興味を持ったのは『アンギオソーム』を利用した発痛源評価でした。
アンギオソームとは体組織がどの源血管によって血液供給されているかを表した図です。

今までの発痛源評価は筋膜アナトミー、トリガーポイント、経絡などの概念で行ってきましたが、そこに『血管図』が加わると、今まで痛みの改善がなされなかった症例に対して活用できる可能性が多いにあると感じました。

また、泌尿器科科長 川島 清隆 先生の講演は非常に興味深い物でした。

正直今まで自分自身の中の『ファシア』イメージはとてもぼんやりしたものだったのですが、川島先生が発表して頂いた動画や画像を見て、よりはっきりイメージできるようになりました。

ファシアが結合組織としての役割の他に、毛細血管やリンパ管などを『保護』あるいは『保持』している役割もあるのではないかと思われる部分もありました。

川島先生の講演は会場全体が食い入るように動画や画像を注視しており、参加された皆さんのほとんど衝撃を受けたであろうと確信しています。

12月1日(日)

[活動報告]
・情報システム
・コンプライアンス委員会
・ブロック活動報告

一般演題

一般演題1)エコー所見において坐骨神経の破格が原因による殿部痛と考えられた一症例

一般演題2)2年前から続くめまいに対しエコー下鍼治療と理学療法の併用により改善した症例

一般演題3)アンギオソームを活用した発痛源評価とエコーガイド下fasciaハイドロリリース(US-FHR)で軽快した右上肢痛の一例

一般演題4)右手関節TFCC損傷に対する鍼灸・マッサージ治療の症例報告

一般演題5)骨盤内fasciaの構造と変化―内視鏡生体解剖学のはじまり-

指定演題

指定演題1)瘢痕癒着モデルにおけるハイドロリリースの効果および新しいFasciaモデルの開発

指定演題2)ファシアハイドロリリース可視化のための連続せん断波エラストグラフィーの開発

指定演題3)Fasciaの解剖学的ハイブリッド解析

指定演題4)Fasciaの肉眼解剖学的および組織学的検討およびエコーガイド下fasciaハイドロリリースによる薬液の広がりの検証

指定演題5)関節リウマチ患者の、関節エコーで炎症を伴わないMTP関節痛に対するエコーガイド下ファシアハイドロリリースの効果の検証


【二日目総括】

二日目は毎回恒例のコンプライアンスの解説が行われましたが、今回は先日の『医療広告ガイドライン検討会』での内容を踏まえ、より踏み込んだ内容になりました。

以前よりJNOSのコンプライアンスは厳格でしたので、会として特に変更箇所はないものの、当院を含め所属会員のホームページは見直し必須だと強く感じました。

また、一般演題、指定演題ともに、エコーガイド下における鍼施術の可能を感じる一方、高価な機器ゆえ鍼灸院への普及が今後どのくらい拡大するかが課題になると感じました。

総括

JNOSになって二回目の学術集会でしたが、先にも記載した通り『ファシア』のイメージがより鮮明になったことは自身にとって大きな財産になりそうです。

『ファシア』の定義については、今後も世界的な議論が継続されるようですが、少しづつメディアにも取り上げられているようですので、『ファシアを治す』ことがスタンダードになる日はそう遠くないように感じました。

詳しい内容はこちらをご参照ください。
【第二回学術集会オンライン抄録】

コメント


認証コード6939

コメントは管理者の承認後に表示されます。